オシャレ感がすごいエールフランス航空のCMの内容を考えてみる

「おしゃれ~・・・」で終わってしまうのでちゃんと考えてみる。

最近youtubeのCMで流れているエールフランス航空のCM。めっちゃオシャレだなと思いつつ、ついついそのまま放置していましたため、ここでどんなことを伝えているのかを考えてみたいと思います。

※個人的な感想と印象で記載いたしますため、会社のコンセプトや意思については全く調べていません。

ブランコぶーらぶら

最初見てたら、男女がブランコに乗っていて、気が付いたら暗くなって、なんかオシャレな服のお姉ちゃんたちが足をばたつかせて、パシャパシャ撮影会をしていて、子供がバレエ服でぶらぶら、最終的に最初の男女がキスをする。

はへぇ~。なCMですね。

セットは飛行機の中

とりあえずまずブランコや登場人物を考えず舞台セットを考える。何やらアーチ上のトンネルっぽいところにいて、再度には均等にしろ明るい穴みたいなものがある。航空会社のCMなのできっとこれは飛行機の中だろうということが予想されます。

目を覚ますとそこはフランス

最初の男女は抜きにしてくらいシーンから考えます。

イスに男性が寝ており、毛布をかける女性、おそらくアテンダントでしょう。

そこから舞台の窓っぽいところが徐々に明るくなってきます。きっと長いフライトでついにフランスまでやってきたという事だと思います。ということはヨーロッパ内での移動というより日本やアメリカ、オーストラリアなどなどフランスへ渡航するのに長時間を要する人たちに向けたCMなんだと思います。

そして目を開けると脚をばたつかせている女性たち。一人が最後に両手を上げて喜んでいる。

最初にブランコで後ろに下がっているからわかりにくいけど、おそらく、自転車レースのツール・ド・フランスを表しているんだろう。そう考えると、他の事もどんどん解決していきます。

写真とモデルはパリコレ、スイーツを食べる人、バレエ(芸術)。

つまり、長旅を終えフランスにたどり着いた人はフランスで、スポーツ・流行ファッション・一流スイーツ・芸術文化に触れることが出来るという表現なのでしょう。

そして二人を繋ぐエールフランス

そしてラストは最初に登場した男女がキスをする。エールフランス航空は離れている二人を繋げる会社なんですよと、猛烈アピールをしているのでしょう。これはどちらかというと恋人的な感じではなく旅行者と前の見出しに載せたフランスを繋げるという事だと思います。男女がキスするようにみせて実は国と人間がキスしてるということでしょう。

で、結局なぜブランコ?

ここまでで、エールフランスが旅行者と国をつなげる航空会社でフランスには魅力がいっぱいと表現しているのはわかりましたが、なぜブランコなのだろうか。

予想ではありますが、航空会社は目的地に飛ばすだけでなく、戻る際にも利用されるからだと思います。飛行機が空港間を行って帰っての風景をブランコに見立て、じゃあ登場人物全員ブランコに乗せるか!って感じで作ったんだと思います。

とは言いつつ見ているだけで十分きれいなCMなので今のうちに見ておくといいかもしれません。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

『チェンジング・ナウ』の魅力、ヒーローあるある
諦めなければ報われることもある。(運動編)
<歌詞から勝手に妄想>音楽鑑賞 鈴木あみ『love the island』
noimage
ラストにかけて残念になってくるストーリー『UNTIL DAWN』
ブログのテーマ変更「Principle」※画像は関連ありません
マイナンバーの疑問「住基ナントカ番号」と何が違う?
初めて知った英語の略語 I will の省略形はI’llではなく…
職業体験の時に教えてもらったことを実践した結果「町の何でも屋(消防署)」
マイナンバー開始の個人的な勘違い
税務署でもらえる帳簿記帳の冊子の中身
歌詞とは裏腹に目立ってるよ「日清カップヌードル シーフード」
<歌詞から勝手に妄想>音楽鑑賞 YUKI『メランコリニスタ』
noimage
noimage

立ち上げ準備

Menu

HOME

TOP

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。