諦めなければ報われることもある。(運動編)

74162d9e9b7c196297bcea450b5ee6cd_s

上手下手は相対的である。

今回は運動に関することについてです。私は武道をやっておりますが、運動(球技)が苦手でした。今でもとくに克服したわけではありません。ただ別に下手でもいいかと思える機会があったので、それについてここに記載していきたいと思います。今運動が嫌だなとか思っている人もそれは自分の周りの環境によるものかもしれないので思い切って別のところで初めてみては如何でしょうか。

小学時代、運動下手だと起きること(とりっペで最後まで残る)

私は球技全般がどうしても苦手でした。ただ小学校の時はどうしても友達同士で集まると野球やサッカー、バスケットボールになってしまいます。そうなると始まるのがチーム決め。普通に二手に分かれる時もありますが、大体いつもリトルリーグに入っていて上手いやつ二人がじゃんけんして買った方から交互に仲間を選んでいく方式でした。そうなると必ず私は最後になってしまいます。要はいま集まっている仲間の中で私は一番下手くそだという前提の元、遊びに参加することになります。やっているうちは楽しいですけどやはり、下手くそ、ミスやボールが取れなかった時の周りの露骨な落胆、そして遊びに誘ってもらえなくなるのは子供心に傷つくものがありました。

中高時代:球技大会は休んでもらいたそうにされる。

中学・高校時代になると発生するのが球技大会。こうなると困るのがやはりチーム分けです。チームを分ける時に起こることは実力を分散させるか、勝つためのチームと残り人間ズとなるわけですが私は勿論残り人間ズ、大会中は早々にやることはなくなって女子がちやほやモテモテのスポーツ万能男子を眺めて過ごしていました。また、体育のバリエーションも増え、集団球技から個人球技の授業もありました。その時は卓球は誰もペアを組んでくれず、テニスも組んでくれるけどすぐ別の人と組んで中々変わってもらえず時間が終わってしまうこともありました。ただそれは仕方がない事で、私とテニスをしてもラリーが3回も続かないし、卓球、バスケ、バレーボール全てにおいてボールが取れない私はいる意味が無かった。、

大学時代:何も改善してないのに転機がきた

大学に入り、やっと球技大会などの学校行事から解放された私。ただ、入学したところは大学1年間だけ体育をしなければならないというところだった。唯、体育のクラス決めは身体テストの結果でクラス構成されていました。

その日を境に私はそのクラスで30名中上位8番以内に必ず入るようになりました。テニスをやれば相手が勝手にアウトへ飛ばす、バスケをすればゴールに入る、サッカーも何故かフリーでけれる、卓球も皆自滅するそんなクラスでした。

別に皆が下手なわけではないのだけど、私が所属していたクラスは中学迄は運動部でしたの人達がメインで自分が行った事のある競技とそのほかの競技で動き方が全然変わってしまうような人達が大半、また、体育を消化の遊び感覚でやっているので中学高校のようなストイックさもありません。中学高校までずっと武道を行っていて体力的には問題なかったし、下手だけど何とかコート内にボールを維持することが出来ました。その為、時間が経ち、終了時間間際になると皆が疲れている中動き回れる私は、特にうまく放っていないのに体育で活躍することが出来ました。

下手のお陰で得ることが出来た。

もし私が中途半端に身体テストが良くて、高校まで部活やってたり、上手い人たちのクラスに所属していたらこんなことにはならなかったと思います。自分が下手くそだったから、同じような体力や身体能力のクラスに入って偶々その平均より自分が良かったため、そのクラスの中だけ「出来る人」として体育を行うことが出来ました。勿論クラスを出たあと別の友人達とスポーツをするといつもどおり全く私は下手くそです。でもそれも結局は周りの人間との相対評価によって決まるものです。

これはスポーツだけではなく、仕事でも、人によって向き不向きがある為、自分が仕事ができなくて迷惑をかけてるのかもと悩んでいる人も、もしかしたら別の業務に関しては一緒に働いている人よりも優れていることがあるかもしれません。そう言った能力を相対的に考えてより自分が発揮できる環境を探すのももしかしたらいい手かもしれません。

 

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2015

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

オシャレ感がすごいエールフランス航空のCMの内容を考えてみる
noimage

立ち上げ準備

マイナンバーの疑問「住基ナントカ番号」と何が違う?
貯蓄 作者 沢村誠一
マイナンバー開始の個人的な勘違い
初めて知った英語の略語 I will の省略形はI’llではなく…
続・職業体験の時に教えてもらったことを実践した結果「町の何でも屋(消防署)」
ブログのテーマ変更「Principle」※画像は関連ありません
歌詞とは裏腹に目立ってるよ「日清カップヌードル シーフード」
職業体験の時に教えてもらったことを実践した結果「町の何でも屋(消防署)」
『チェンジング・ナウ』の魅力、ヒーローあるある
ふと思ったこと
noimage
税務署でもらえる帳簿記帳の冊子の中身
<歌詞から勝手に妄想>音楽鑑賞 高田梢枝『秘密基地』

Menu

HOME

TOP

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。