『チェンジング・ナウ』の魅力、ヒーローあるある

ダサいお父さんヒーロー漫画で登場するヒーローの世界

    

前回に引き続き今回も私の好きな漫画『チェンジング・ナウ』の魅力を書き込みたいと思います。
前回の内容はこちら

少しおさらい

チェンジング・ナウ:著者:UMA(ユーマ)によるヒーローコメディ漫画。2005年に第一巻が単行本で発売され全3巻で完結されています。
内容は突然ヒーローになってしまった奥さんと3人の子供を持つ冴えないサラリーマン(係長)が、悪の組織と戦うストーリー。

今回は作中で描かれているヒーロー世界の面白さをピックアップして少しでも皆様にご興味を持っていただければと思います。

※ネタバレも含まれるかと思いますのでご了承ください。

ヒーローのいる世界はこんなのかもしれない。

1.新しい怪人の生産

悪の組織の怪人が集まって新戦力の怪人を作ろうという会議が行われる回でのシーン。
既に会議の参加者のアイディアも出尽くしたという事で「いつものアレ」を行うとの事。

それはなんと一般公募
おハガキの投稿作品をもとに有り無しを決めるという手段。
やはり、怪人もネタ切れには一般人の意見に頼るという展開。
しかしながら、そのシーンでアニメや特撮では決して言えない企画者となった怪人たちの
裏側の世界が描かれています。
たとえば、乗り物怪人の移動スピードに対して「時速って言われても」と普通にダメ出し、
また、インターネット怪人の能力に対して、
最近の子供はスペックにこだわりすぎ、書けばいいと思っている、作る身にもなれ、と痛烈批判。

更には、みんなの意見がまとまらないことに対して、司会進行の大佐が一言

「最終的には好み」

全てをぶった切る言葉をお見舞いします。
確かに何か新しいものを企画するときってそうなるかもね。

2.ヒーローが一般人なら怪人も一般人

通常のヒーローアニメや特撮物でよくあるのは、ヒーローは普段学生だったり、普通に仕事をしてる一般社会人。それに対し、悪の組織は常に悪の組織としてかたづけられている。
しかしこの漫画、悪の組織も普通の一般人として暮らしています。

たとえば主人公ドッグファイター01の長男の友達・ヒロシ君のお父さんが怪人だったり、
戦隊もののお約束、お色気担当悪の組織女幹部はドッグファイターの部下、
物語後半で登場する偽ドッグファイターは会社の取引先で同じ立場、
ザコ戦闘員は一般のアルバイト・・・・・・など、ちゃんと敵の私生活も描かれているという
新鮮さである。

3.悪の組織の活動

悪の組織は街を壊して、人を殺すだけではありません。他にも様々なことをしております。
最初にあげた、怪人の一般公募をはじめ、
幼稚園の経営、会社として戦闘員の雇用、女性戦闘員のグラビアや歌手活動による宣伝広報、怪人としてヒーローショーへの参加
悪の組織を運営するのもなかなか大変な事のようです。

4.ヒーロー活動のデメリット

一般社会とヒーロー活動の両立はなかなかむつかしいようです。この物語でも様々な弊害が生じます。

ドッグファイターの場合
敵と戦うため会社を抜け出す=サボりとみなされて海外プロジェクトの仕事から外される。

ビックバン・Σ(3人目のヒーロー)の場合
職業≠ヒーローと判断されてアパートの賃貸契約が出来ない。

因みに2人目のヒーロー・マシンナーVVはロボであり(本人は自覚していない)スペックが高いため、バイク便やコンビニバイトなど、不都合な生活は送っていないようです。

まとめ 何より短いからわかりやすい

ここまで紹介してきた『チェンジング・ナウ』は打ち切りにより(巻内でも説明あり)全3巻と短い。その中にこれだけの要素が詰まっているととてもさっくり楽しむことができます。
また、今回紹介しておりませんが、ヒーローらしい臭いセリフや海外から来た怪人とのやり取りなど読んでみたら意外と面白い点がいくつもありとても面白く仕上がった漫画となっています。

機会がありましたら是非読んだ見てください。

 

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2015

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

続・職業体験の時に教えてもらったことを実践した結果「町の何でも屋(消防署)」
税務署でもらえる帳簿記帳の冊子の中身
noimage
<歌詞から勝手に妄想>音楽鑑賞 Salyu『青空』
<歌詞から勝手に妄想>音楽鑑賞airdrop『ラブレター』
素人がとりあえず弾き語りをするにはとことん簡略化するに限る
<オススメ漫画>ダサいヒーロードッグファイター01!『チェンジング・ナウ』
<歌詞から勝手に妄想>音楽鑑賞 BENNIE K『モノクローム』
ふと思ったこと
<歌詞から勝手に妄想>音楽鑑賞 鈴木あみ『love the island』
ラストにかけて残念になってくるストーリー『UNTIL DAWN』
マイナンバーの疑問「住基ナントカ番号」と何が違う?
オシャレ感がすごいエールフランス航空のCMの内容を考えてみる
諦めなければ報われることもある。(運動編)
<歌詞から勝手に妄想>音楽鑑賞 安藤裕子『問うてる』

Menu

HOME

TOP

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。