勝手に妄想シリーズ『概要』

頭でのイメージをお伝えします

『勝手に妄想』シリーズは管理人が、読書・映画・音楽観賞・彫刻・自然などからイメージを膨らませ、そこから頭に浮かんだイメージをアップしていくシリーズとなっています。

ブログ版読書感想文

皆さんも小中高と学校で読書感想文に挑んだと思います。

高い評価を得た人は学校の代表でどこかに選出されたり、本屋さんとかの賞をとったりもあるかと思います。

この『勝手に妄想』シリーズはその読書感想文を分野を管理人が問わずやろうというものです。

自由、素晴らしい

でも、元々読書感想文というのは、 『読んで自分が感じたことを自由に書く』だと思います。

たとえば、『ある村の少年がまき割りに森に入ったらクマと友達になった』という話があるとします。

何について書くかは自由なので、

本のあらすじで感動したところを書いても良いし、

ある村の場所を、地理学的に解読してもいい。

少年と熊が実際友達になれるかどうか生物学的、またはコミュニケーション学的に解読してもいい。

『少年がクマと仲良くなってお弁当を分けてあげた』

この行為は餌付けだとして餌付けがもたらす野生動物の捕食への影響について話を持って行ってもいいし、少年が餌付けしているときの心理分析をしても良い。

はたまた、本の原作者について考察して原作者が動物嫌いなのに動物と人が仲良くなる話を作った意図についてコメントしてもいいしアフターストーリー考える場合もあります。

とりあえずどこに焦点を当ててもいいのが素晴らしいところ。

一応のルール
  • 最終的に自分が元ネタからイメージ・妄想を繰り広げる。
  • あくまでそういう妄想を描いただけなので誹謗・中傷をしているわけではありません。
  • 著作権は侵害しない様努める。
  • コメントは受け付けますが、意見の違いを議論する気はありませんご了承ください。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2015
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。